よくある質問

八光流柔術について

  • Q.無料体験の際には、何を用意すればいいでしょうか? 道着が必要でしょうか?
    • A.道着をお持ちであれば、空手用・柔道用など、どちらでもかまいません。お持ちでなければ、ジャージなど、動きを妨げない服装でOKです。あとはタオル、水分補給が必要であれば飲み物等。長い爪は怪我のもととなりますので、お切りください。
  • Q.普段、どのような稽古を行いますか? 試合はありますか?
    • A.稽古は基本的に、教伝型と呼ばれる二人一組の型稽古が中心となります。正坐で向かい合って交替しながら技を掛け合う坐稽古、立ち稽古があります。また、当木鶏塾では、技の根幹を支える感覚機能を高める稽古を、随時参加者に合わせて行っております。試合はありません。
  • Q.入門を考えています。道着は指定のものがありますか?
    • A.専用道着を販売しております(ご注文から1週間~10日ほどで納品)。入門当初は特に制約は設けておりません。ジャージなど運動のできる服装、また、もし道着をお持ちであれば空手用や柔道用など、白く清潔なものであればOKです。
  • Q.予約していたのですが、急用が入り稽古に行けなくなってしまいました。キャンセル、または変更は可能でしょうか?
    • A.はい、可能です。分かり次第ご連絡いただければ対応いたしますので、ご安心ください。出張などでしばらく来られないという場合も同様です。
  • Q.以前に腰、膝などを痛めており、時々症状が出ることがありますが、稽古は可能でしょうか?
    • A.当方は医療的な判断はできる立場にありませんが、日常生活に大きな支障がないようであれば可能であると思われます。入門された方の中にも、そういった方はおられましたが、コンディションに合わせて稽古されているようです。ただ、症状が重い場合は、やはり専門の医療機関で相談していただくほうがいいでしょう。
  • Q.長く続けたいと思っております。道場ではどの段位まで指導していただけますか?
    • A.八光流柔術の支部道場では、初段から四段までとなっております。五段以上は師範位であり、埼玉大宮本部道場にて、宗家よりの直接認可となります。
  • Q.八光流柔術には、皇法指圧という施術法が伝えられていると聞きました。皇法指圧だけを習うことはできますか?
    • A.当道場では、皇法指圧のみの教伝は行っておりません。柔術と表裏一体を成すものですので、有段の希望者を対象に、並行して稽古していただく予定です。
  • Q.他武道との並習は可能ですか?
    • A.原則として問題はありません。ただし、所属されている流派・道場によって方針がありますので、熟慮の上、責任を持って判断してください。
  • Q.覚えが遅いのですが……
    • A.ご安心ください。進み方も内容も、個々で違ってきます。あせらず、楽しんでいくことこそ最短の近道です。